スポット情報

「蛎殻町(かきがらちょう)すぎた」寿司の料金は?予約の裏技を調査!

こんにちは! マールです。 

情熱大陸に寿司職人杉田孝明さんが登場されます。
4か月先まで予約が取れないといわれる、「日本橋蛎殻町(かきがらちょう)すぎた」のご主人です。
2019年ミシュランでは1ツ星
食べログ評価4.81、全国鮨ランキング1位(2019年11月時点)に輝いた名店。
4か月先まで予約が取れないといわれる寿司店がどんなお店なのか、値段や予約方法について調べてみました。


日本橋蛎殻町すぎたとは?

寿司・つまみ・お酒・接客・空間のバランスがすばらしいといわれています。
杉田孝明さん自身の理想の鮨のイメージに近づけるよう魚の産地や大きさを吟味し、丁寧に仕込み、切りつけを工夫されているとの事。

食べログの情報を見ると、鯵(あじ)や小肌(こはだ)、鯖(さば)などの光りモノの味は日本トップレベル!!

口に含んだ瞬間に、シャリが口のなかでほぐれ、程よい大き目のサイズで切られたネタとの相性が最高!と書かれています。

鯵のにぎりはとても美しく

「日本橋蛎殻町すぎた 鯵」の画像検索結果
出典:ぐるなび

小肌もこんなに美しく。。。

関連画像
出典:ヒトサラ

店主の杉田孝明さんの接客も魅力

お店に行かれた方のブログを調べると、こんなコメントがありました。

普段は落ち着いた雰囲気ながらも、時にはこちらを笑わせてくれ、握りを提供してくれるタイミングも完璧。こちらのお酒が空けば、すかさず「次は何にしますか?」と声をかけてくれます。

優しく丁寧に握りを扱うその美しい所作からは、「美味しい握りを味わってほしい」という気概感じずにはいられません。親方の優しい心遣いに、素直に「また来たいな」と思ってしまいます。

寿司職人という厳しい世界で生きてこられた凛としたたたずまいもありながら、場や空気を和ませるホスピタリティあふれる接客、そのバランスが魅力的なのかもしれません。

明るく清潔感があり寿司を存分に味わえる空間

「日本橋蛎殻町すぎた 店内」の画像検索結果

オープンして4年。カウンターは白木が使われ、明るく清潔感があります。個室が1つあるので、接待やデートにもおすすめできるお店ですよ。


「蛎殻町(かきがらちょう)すぎた」の予約方法 裏技は?

予約の受付は電話のみだそうです。

常連客ではない人が予約を取る方法はその席の応じて2種類あります。

①【個室席】
②【カウンター席】

①【個室席】一週間前に予約

2人~4人で利用できる個室席は、1週間前の朝9時から15時に予約を受け付けています。月曜日には来週月曜日の分の席を受け付けてもらえるかたちです。

1日2枠しかないので勝負は一瞬で決まりますが、毎日朝9時から5分程度電話をかければ良いだけなので、何時間も電話がつながらないカウンター席の予約よりは簡単かもしれません。

②【カウンター席】毎月1日に翌月分をキャンセル待ち予約

食べログを見ると「4か月後の予約ができる」と書いてありますが、現在は予約が入りすぎてしまったためキャンセル待ちのみの受付をしているそうです。

カウンター席は毎月1日朝9時からの電話で、翌月分のキャンセル待ちを入れることができます。例えば11月1日には12月分のキャンセル待ちが可能です。

一か月分の予約が1日に集中するので、電話は相当混雑します。1時間かけてもつながらない時があるとか。仮につながってもキャンセル待ちを入れられるだけですので

より確実に行くためには毎日9時に個室席を狙って電話する事をおすすめします。

日本橋蛎殻町すぎたの料金とコース内容は?

日本橋蛎殻町すぎたのコースの種類や内容、料金、チェックしておきたい予算、実際に足を運んだ方の感想を紹介していきます。

おまかせコースの内容は?

コースはおまかせ23000円の1種類のみです。
最初に10品ほどつまみが提供され、そのあと12個ほど握りが出されます。
もっと食べたい人は単品の追加も可能です。

以下おまかせの例です。

おまかせ23000円の内容例

【つまみ】
銀杏
蒸鮑
平目昆布〆

鰯の巻物
穴子の白焼き
筋子の味噌漬け
数の子の味噌漬け
太刀魚
鮟肝

【握り】
真鯛
コハダ

漬け
中トロ
秋刀魚
イサキ
春日子
車海老


金目
雲丹
穴子
玉子
浅利のお味噌汁

日本酒おまかせがおすすめ

ビールも置いていますが、おすすめは日本酒のおまかせ。ネタに合ったおすすめのお酒をその都度提供してくれます。 値段は飲む量によって前後しますが、ほとんどの人は10000円以内に収まっているようです。

来店客の感想は?

水天宮前の日本橋蛎殻町すぎたさんへ訪問。
このわた茶碗蒸しに始まり、
細魚、帆立、鯛白子
蛸の柔らか煮、鮟肝などなど。
お寿司は、
小鰭、鮃、真鯛、鰆、伊豆の中とろ。
子持ち槍烏賊は絶品でした。
穴子は煮ツメで。また、すぐにでも行きたい。

 

そもそも予約がなかなか取れません。
食事としては高級な予算だと思われますが、雰囲気、ホスピタリティ含めてのものだと感じました。見えないところ(訪問するまでの間)でのお仕事に非常に手間をかけられているからこそだと思います。
すぎたさんのお人柄やお声が素敵で、お鮨というショーを楽しむようなお店です。
お茶の差し替え、お迎えのお香等サービスにも気を配られています。

 

蛎殻町(かきがらちょう)すぎた 基本情報

・住所
東京都中央区日本橋蛎殻町1-33-6 ビューハイツ日本橋 B1F

・アクセス
東京メトロ【水天宮前駅】より 徒歩2分

・営業時間
[火~金]
17:30~、20:30~
[土・祝]
17:00~、20:00~
[日]
11:00〜、13:30~、18:00~

・定休日
月曜日

・予約受付時間
9時~15時

・電話番号
03-3669-3855

「蛎殻町(かきがらちょう)すぎた」まとめ

予約困難といわれる「蛎殻町すぎた」のは店主の寿司職人杉田孝明の理想とする寿司店をかたちにした味、店づくりを楽しめる場所です。これからの進化も楽しみですね。
ご紹介したコツを使って是非一流職人の味を楽しんでみたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


 

スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)