エンタメ

金澤翔子さん書道作品はどこで買える?イベント情報について

「金澤翔子 画像」の画像検索結果

こんにちは! マールです。

金澤翔子さんダウン症の書道家として有名な方ですが、その作品はとても躍動感があり目をみはるものがあります。「みんなにパワーをあげたい」が口癖の彼女の書を見て涙する人も多くおられるそうです。

そんな金澤翔子さんの作品について購入できるところイベント情報についてまとめてみました。


金澤翔子さんプロフィール

生年月日 1985年6月12日
出身地 東京都目黒区
趣味 カラオケ プール
号は小蘭(2004年取得)※号の場合、苗字は金沢

好きな文字 夢

<経歴>

1990年:書道を始める

2005年:最初の個展「翔子 書の世界」を銀座書廊で主催。

2009年11月:建仁寺に「風神雷神」を奉納。

この作品は同寺蔵の国宝「風神雷神図」の隣に展示され大きな反響を呼ぶ。

2012年1月:自身初の常設館金澤翔、子美術館(福島県いわき市)を開設。

2012年:NHK大河ドラマである”平清盛”の題字を担当。

2017年:大田区、池上線・久が原駅の近くに借りているひとり暮らし初夏をはじめる。

国体の開会式や天皇の御製を揮毫。紺綬褒章受章。
日本福祉大学客員准教授。文部科学省スペシャルサポート大使。

金澤翔子さんが実際に作品を書いている様子の映像がありました。
母の泰子さんは言います。「翔子はただみんなに喜んでほしいという思いだけで書きます。そんな純粋な魂が、見る人の胸を打ったのかもしれません」

金澤翔子さんの講演会や作品展示のイベント情報は金澤翔子さん公式HPから確認できます。

金澤翔子さんの作品を堪能できる美術館があります。

金澤翔子さんの作品が常設されている金澤翔子美術館が福島県いわき市にあります。

美術館では約190点の作品を収蔵、約50点の作品の常設展示をされている以外に

書道や着物の着付け等の体験もできるようです。

金澤翔子美術館ガイド

こちらのギャラリーショップでは、額装作品やお手頃の価格で購入できるポストカードなども購入できます。

 


金澤翔子美術館基本情報とアクセス

住所・TEL 福島県いわき市遠野町根岸字横道71番地
0246-89-2766
交通アクセス <お車の場合>
常磐自動車道「湯本IC」より車で15分
湯本ICを出て初めの信号を右折、そのまま道なりに進み遠野町に入りコンビニエンスストアのローソン前の信号を右に進んで行くと当美術館が見えてきます。<バスの場合>
湯本駅からバスで25分
湯本駅前からバスに乗り「遠野支所」のバス停で下車になります。
湯本駅からの時刻表はこちら<電車の場合>
JR常磐線「湯本駅」より車で20分
営業時間 午前10時~午後4時
定休日
毎週水曜日 (ただし祝日の場合はその翌日)
年末・年始(12月28日~1月1日)
入館料 個人 800円
団体(一人につき) 600円
※ 小学生未満の方は無料です。
※ 障がい者の方は400円でご観覧いただけます。入館の際に障がい者手帳をご提示ください。
※ 団体は20名以上となります。
体験できる事。 ・書道 (扇子や色紙に筆と墨で好きな言葉を描く)
・抹茶 (いただき方、茶せん振り)
・きもの (振袖、ゆかた着付け)
・琴 (振袖を着てお琴を弾く)
・撮影 (着物姿で日本庭園ロケーション撮影)

最新の情報は金澤翔子美術館公式サイトでご確認ください。

金澤翔子さんの作品が購入できる通販サイトについて

金澤翔子さんの作品は金澤翔子美術館以外でネット通販で20-30万円くらいが相場のようです。

こちらで購入する事ができます。香希画廊

お手軽な価格で購入できる

ポスターカレンダー複製作品はこちらで購入できます。

 

以上最後までお読みいただきましてありがとうございました。


スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)