スポット情報

誠品生活(せいひんせいかつ)何が買える?限定グルメ・商品を調査

こんにちは! マールです。

2019年9月27日に再開発真っ只中の日本橋エリア「COREDO室町テラス」に
日本初出店台湾発セレクトショップ「誠品生活」がオープンしました。
「誠品生活」と書いて“せいひんせいかつ”と読みます。
蔦谷書店がモデルにしたことでも知られています。

「アジアで最も優れた書店」「世界で最もクールな百貨店」とも評される「誠品生活」について調べてみました。


「誠品生活日本橋」のお店のご紹介

「誠品生活」は書籍を集めた「誠品書店」からスタート。“オシャレな書店”としてレストラン、カフェ、文具、雑貨、コスメなどを扱い、台湾国内でも大人気のお店です。

1999年にスタートさせた24時間営業の「誠品敦南店」で、“世界初眠らない書店”として話題になりました。アジア版の「TIME」誌から、アジアで最も優れた書店として取り上げられました。
2006年に同じ空間に書籍や雑貨、文房具とフードの販売を開始。「誠品生活」というブランドで展開。アメリカCNNが“世界で最もクールな百貨店”に選出しました。

現在は台湾を中心として、全世界で49店舗を展開していて、

50店目として初めて日本に出店しました!

体験イベントももりだくさん!

日本橋店でもキッチンスタジオや、吹きガラス、鋳金、注染など伝統工芸を体験できる工房、好きなパーツを選んでオリジナルアクセサリーの制作、自転車のペダルをいで靴下制作ができたりと、楽しそうな体験スペースがあります。

「誠生活日本橋」の限定品ゲットできるお店は?

「誠品生活日本橋」は書籍、セレクト物販・ワークショップ、レストラン・食物販、文具の4つのゾーンで構成されており、様々な店舗が展開されています。書店には畳が置かれ、売り場面積は約2900平方メートル(約870坪)、商店街を歩くかのような通路をつくり、書店、レストラン、カフェ、文具、雑貨、コスメなどが販売されています。
「誠生活日本橋」でしか買えないおすすめ限定商品をご紹介したいと思います。

誠品生活 expoエリア

このエリアでは、台湾国内名も無き台湾ブランドを独自に発掘し、育て、独り立ちさせる場。商品には自信があるが、発信する場所がないデザイナーやクリエイターに、誠品生活が売り場を提供し。どのように商品を陳列すれば売れ行きが伸びるか、どのように包装すれば目を引くかなど、店づくりのノウハウまで惜しみなく伝える。そんなコンセプトのエリアなので、誠品生活イチオシの日本。台湾の良品を手に入れる事ができるのです。

郭元益(グォユェンイー)

150年の歴史を持つ人気の台湾菓子を日本橋で!

台湾みやげで有名な老舗のパイナップルケーキのお店。
とてもかわいらいしお菓子ですよね。「パイナップルケーキ」の他にも「ピーナッツらくがん」や「ミニパイナップルカスタード」など、一度は食べてみたいお菓子が目白押しです。

台湾観光局の人気キャラ「オーベア」のクッキー台湾観光局の大人気キャラクター「オーベア」をモチーフにしたもの。オープン時には「日月潭蜜紅茶味」(12枚入 1,600円、24枚入 3,000円:税抜)を限定で販売です。

150年の歴史を持つ「らくがん」
可愛らしい見た目ですが、実はらくがん。日本のらくがんとは少し風味が違っていて、しとりとして味は中華菓子の伝統を引き継いだ150年の歴史の味が詰まっています。お店では「郭元益 150周年記念ギフトセット」(18個入 5,000円:税抜)として販売されています。

小豆と抹茶の2層になったらくがん2層に二層構造となっているこのらくがんは、「小豆&抹茶」のらくがん。「ピーナッツ&紅茶」もあります。

ピーナッツそのままの味のピーナッツらくがん

ピーナッツの形をした「ピーナッツらくがん」は、食べてみるとピーナッツそのものの味。ほろっとしていますが、しっとりしていて、ほんのり塩気も感じます。日本のらくがんともちょっと違う、台湾茶にはピッタリ合う味です
ピーナッツの形をした「ピーナッツらくがん」は、食べてみるとピーナッツそのものの味。ほんのり塩気も感じます。日本のらくがんともちょっと違う、台湾茶にはピッタリ合う味です。

オススメはミニパイナップルカスタード菓子
台湾人人気俳優の鳳小岳氏プロデュースの「ミニパイナップルカスタード菓子」(5個入 1,280円、16個入 4,000円:税抜)

中にはカスタードとパイナップルジャムが!伝統27層にもなるパイ生地に、オリジナルのエッグカスタードと、甘酸っぱいパイナップルジャムが入っていて、パイナップルジャムと皮のサクサク感絶妙だそうです。

DAYLILY(デイリリー)

こちらも日本初登場となる台湾発の漢方コスメです。
漢方薬局を営む父を持つ台湾出身の女性と、日本出身の女性2人が設立した、台湾発・女性のための漢方ライフスタイルブランドです。
2018年にクライドファンディングで資金を集め、台北の漢方薬局内に1号店をオープンし、2019年11月には大阪の『大丸梅田店』にも関西1号店をオープン予定。
女性の体温と気分を上げて、どんな1日も素敵な1日となる手助けができるようと、台湾の日常に根付いた漢方というライフスタイルを届けています。

Retina sub1台湾では生活に根付いた「漢方」のライフスタイルを届ける商品が多数ラインナップ。漢方薬剤師と開発した食べられる薬膳茶「EAT BEAU-TEA」をはじめ、台湾では漢方として用いられている珍珠粉(真珠の粉)のサプリメントなど、
さらに、高麗人参や当帰など和漢植物を使ったフェイスマスクシート、台南でつくられた刺繍チャイナシューズなど、コスメや台湾雑貨なども多数取り揃えられています。

これまで、台湾でしか手に入れる事ができなかったアイテム、これからは日本で手に入れる事ができますね。

P.Seven 茶香水

「P.Seven 茶香水」は、フランスに留学経験のある調香師を中心としたチームが、Made in Taiwanにこだわった香水を製造・販売している香水ブランドです。台湾茶から作られた香水のお店で、こちらも日本初進出となります。ジャスミンティーを彷彿とさせる柔らかな華のある香りが特徴とのことです。

 

日本初出店に合わせて新発売となるのが、台湾の文化を丸ごと香水に詰め込んだという「金せん茶香水」(9,800円・税抜)という香水です。

シングルノートではなく、時間を追うごとに香りが変化していくのが特徴で、「森」⇒「お茶」⇒「墨」の順番で台湾を表現しているのだとか。「森」では、雨が降った後の森林の小道のような、木々の甘くすがすがしいフレッシュな息吹が感じられ、さらに30分ほど経過するとクチナシともミルクに近いとも表現される台湾特有の「金せん茶」の香りが肌の上にほんのり留まるのだそう。そしてさらに1〜2時間後には、落ち着いた優雅な「墨」の香りへと変化していくのだそうです。

台湾の先住民の文化を紹介する「Hunter(ハンター)」と呼ばれる香水シリーズです。先住民たちが大好物だという「小米酒(ライスワイン)」をイメージして作られているのだそうです。想像がつきませんね。ぜひお店でトライしてみてください。
台湾のお店ではこちらの商品以外にも、様々な香水を取り扱っているそうですが、現時点で日本で購入できるのは「金せん茶香水」と「Hunter(ハンター)」のみとのことです。い


「誠品生活市集」で台湾おみやげ人気アイテムをゲット

食と道具のセレクトエリア「誠品生活市集」では 台湾国内でも大人気のリーズナブルなアイテムを買う事ができます。

丈夫でかわいい「漁師バッグ」

軽くて丈夫なので、台湾ではおばあさんが地元のローカルな市場で使っているのをよく見かけます。重いものを入れても破れることが少ないので、野菜・果物、その他いろいろな荷物の運搬にも利用されています。軽くて、丈夫で、汚れたらガシガシ洗うこともできる優れもの。

赤と緑と青のちょっとレトロな色合いもキュート。サイズは4種類を用意。買い物バッグやランチバッグなど、いろいろな用途で活用して!
バッグ2号・3号サイズ483円、4号・5号サイズ583円。

刺繍がかわいい!チャイナシューズ

刺繍入りチャイナシューズ 各6,800円。
台湾らしいエキゾチックなカラーのチャイナシューズに、植物をモチーフにした繊細な刺繍があしらわれて、コーディネートのアクセントに。布製なので、足に負担をかけずに履けるのも嬉しい。購入するとDAYLILYオリジナルの袋に入れてくれる。

日本初出店 初めて出会えるメニュー目白押し!飲食店のご紹介

富錦樹台菜香檳(フージンツリー)

『富錦樹台菜香檳(フージンツリー)』は、台湾の首都・台北の松山空港の近くの街・富錦街(フージンジェ)の超人気台湾料理店。
これまでの台湾料理店にはなかった繊細な調味と開放的な雰囲気が人気を呼び、オープンした2014年に「世界の観光スポット50選」に選出。2018年には台湾政府が勧める「必ず食べるべきグルメ10選」に選ばれるなど、台湾を代表するレストランのひとつとなっています。

台北・富錦街(フージンジエ)で話題の台湾料理店。シャンパンと創作台湾料理を組み合わせたメニューが、台北でも注目されています。

【メニュー】

冷製ゆで鶏の柑橘醤油添え 1,680円
水蓮菜と木の実の炒め 1,480円
台湾揚げ出し豆腐 980円
花ニラとピータン豚挽肉のピリ辛炒め 1,680円
カキと揚げパンのニンニクソース 1,880円

台湾産青マンゴー氷 880円
揚げ海老のレモングラス添え 1,780円
豚バラ肉の角煮 ナツメとハイビスカスソース 2,180円
ディルとトマトの台湾オムレツ 1,380円

ベルナール トルネイ(ボトル) 7,500円
グラスシャンパン 1,280円(※2019年11月14日まで特別価格:980円)

王徳傳(ワンダーチュアン)

出典:誠品生活日本橋 公式サイト

1862年創業の老舗台湾茶ティーサロン、こちらも日本初出店となります。専門の茶畑で生産されたこだわりの台湾ウーロン茶の他に、茶師が淹れた伝統的な台湾茶のほか、ウーロン茶ベースのオリジナルドリンクを提供し、イートインとテイクアウトの両方に対応。目の前でお茶を淹れる様子を眺められる半形のカウンター席も設置しており、茶葉本来の香りをストレートに楽しむなら、単品の阿里山ウーロン茶や凍頂ウーロン茶、ビャクゴウウーロン茶(東方美人)がおすすめだそうです。

色々飲み比べたい人向けに「味わい利き茶セット」というメニューもあります。
イートインの場合、お菓子がついてきます。

ワンダーチュアン(C)モデルプレス
出典:ワンダーチュアン(C)モデルプレス

自慢のウーロン茶を使ったタピオカ

なんといっても目玉がデザート系ドリンクやフルーツティー、マティーニグラスで飲むアルコール入りの各種ウーロンカクテルなどさまざまなアレンジティーが飲めることです。

ウーロンタピオカミルクティー750円、ブルーベリーヨーグルトウーロンティー680円(C)モデルプレス
ウーロンタピオカミルクティー750円、ブルーベリーヨーグルトウーロンティー680円
出典:(C)モデルプレス

豊かな味わいのウーロン茶をベースにもちもちのタピオカを合わせた「ウーロンタピオカミルクティー」と、甘酸っぱい「ブルーベリーヨーグルトウーロンティー」。がおすすめ。

ウーロンフルーツティー680円(C)モデルプレス
ウーロンフルーツティー680円
出典(C)モデルプレス

「ウーロンフルーツティー」は、ベースのウーロン茶に、オレンジやレモンのスライスを浸して果汁感をプラスした一杯。紅茶のような飲み方を体験できるのも楽しみですね。

20歳以上限定ティーカクテルも登場

「杏のえくぼ」「軽く閉じた目」「アニバーサリー」「甘いジャスミン」750円~(C)モデルプレス
「杏のえくぼ」「軽く閉じた目」「アニバーサリー」「甘いジャスミン」750円
出典:モデルプレス

また、梅酒やウォッカを使ったアルコール入りウーロンカクテルも4種類登場。「杏のえくぼ」「軽く閉じた目」「アニバーサリー」「甘いジャスミン」と名前の由来を想像してみながら楽しめそうですね。

誠品生活日本橋基本情報

住所 東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス 2階
TEL 03-6225-2871
アクセス 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅 地下直結
JR横須賀線・総武快速線「新日本橋」駅 地下直結
JR中央線・山手線・京浜東北線「神田」駅 徒歩4分
JR各線「東京」駅 徒歩9分
営業時間 10:00~21:00
公式HP http://www.eslitespectrum.jp/

まとめ

誠品生活(せいひんせいかつ)について調べてみました。
ただの書店ではない事をコンセプトに展開している誠品生活。
台湾ブーム到来の日本に旋風を巻き起こすかもしれませんね。
今後、他のエリアへの出店も期待したいところです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)