スポット情報

レッドランド(オーストラリア)のコアラ共生への取り組みとは?

こんにちは! マールです。

オーストラリアにあるレッドランド という街は都市部でも自然体のコアラと出会える街だそうです。それには、在来種の動植物を保護する、素晴らしい取り組みがあったからです。

今日はそれについてお伝えしたいと思います。


レッドランズはコアラ共生地域で有名!どんなところ?

レッドランド は、オーストラリアの東海岸にあるブリスベン近郊にある都市です。

レッドランド地区はここでしか見れない動物がたくさんいる!

レッドランド には、驚くほど多様な在来の動植物が生息しており、ここには1700を超える在来種の動植物が記録されています。それらは街中に見られ、多くはコアラ、ワラビー、ハリモグラなどの私たちの都市部に住んでいます。モートン湾には、クジラ、イルカ、ウミガメ、珍しいジュゴンなどの海洋生物が数多く生息しているのだすです。

レッドランドに住んでいるコアラの特徴は?

動物園で見るコアラと全く違う行動をとるらしいです。コアラは、通常、夜行性で、日中は寝て過ごしているのですが、この地区に住むコアラは、日中でも活動的なのだそうです。レッドランド のユーカリは毒が少ないので解毒のエネルギーを蓄える必要が無いので昼間も動けるだそうです。結果、ユーカリの葉の食べ方も違っています。

地域に住んでいるコアラはのユーカリの食べ方

葉の臭いをかぎ分けながら食べているため、注意深くユーカリの葉を食べているんだそうです。

20110225ユーカリとコアラ1

 

 

 

 

地域に住んでいるコアラはのユーカリの食べ方

ユーカリの葉をちゅうちょしないで、ムシャムシャ食べているのがお分かりいただけるかと思います。野生のコアラって感じですよね。

20110225ユーカリとコアラ2

 

 

 

 


レッドランドでのコアラ共生の取り組みはすごい!

レッドランド にはコアラが多く住んでおり、その多くは都市部やビジネス地区にもあります。公園、街路樹、校庭、都会の裏庭、ショッピングセンターの駐車場でコアラの光景を楽しむことができます。

このような自然体のコアラが見れるのは、レッドランド 市がコアラと住民の共生を図るべく、コアラ保全プログラムという細かい条例があるからです。その取り組みについてご紹介します。かつてコアラ危機といわれる、コアラの個体が著しく減少した事は在来種の動植物の減少にも関連する事であるという危機感によるものでした。

まずは、レッドランド市議会 のHPの動画をみてください!
コアラ愛が伝わってきますよね。

コアラは水が大嫌いだし、水にぬれると死んでしまう特性があるので、水から守ろうってことなんだそうです市議会のホームページにはコアラファーストのスタンスで様々なガイドがたくさん掲載されています。コアラの個体数を阻むものとして以下の項目を挙げ、それに対して地域住民が取り組むべき事が細かく挙げられています。

  • 生息地の損失
  • 生息地の断片化
  • 疾患
  • 車両による死亡/負傷 
  • 犬からの攻撃
  • コアラの動きを抑制するフェンシング
  • プール
  • 気候変動

コアラ保全に向けた住民への注意喚起について

  • 運転中は速度を落としてコアラに注意してください。特に夜明けや夕暮れ時には、コアラが頻繁に旅行して見づらくなることがあります。
  • 「コアラゾーン」を運転しているときに、点滅しているコアラの標識(オーミストンなど)が表示されます。これらのエリアではコアラの活動が非常に集中しているため、速度を落としてください。
  • 裏庭は、コアラがプールまたは庭から安全なルートをとれるように、プールにロープを敷き、フェンスに向かってランプをつけて、「コアラに安全」であることを確認してください。
  • 裏庭に犬を飼っている場合は、コアラの安全のために、夜間に訓練と安全を確保してください。
  • 街路や郊外でコアラを見かけたら、家族や近所の人に伝えて、地社会での認知度を高めましょう。

コアラが見られ、その安全性に不安がある場合は、レッドランド生生物救助サービス問い合わせください。

コアラの繁殖を増やす為守らなければならない事

コアラ安全に保つために住民が取り組まなければならない事が事細かく挙げられています。庭でじゃコアラの食用の木を植え、番犬から守る為に外へ出してはダメ、プールでの手すりの設置方法についてまでも。。。。すごいですよね。

  • コアラ食用の木を植えます。Eucalyptus seeanaとRobustaは、小さな裏庭に合わせて、より低い高さに維持できます。IndigiScapes Centerでは、無料のコアラフードツリーを利用できます。
  • 裏庭で木を保持し、植えてください。それはユーカリの木である必要はありませんが、コアがあなたの庭を安全に休んだり移動したりできるようにするネイティブツリーです。私たちはこれらの飛び石の木と呼んでいます。
  • 夜に犬を家から出さないようにする事で。これは私たちのコアラを助けるだけでなく、あなたの犬が家族と一緒に過ごす事を楽しむ事しょう。
  • スイミングプールを設置するときは、簡単に脱出できるビーチスタイルのデザインを使用してください。太いロープまたは「スカンパーランプ」をプールに入れて、コアラや他の野生生物がをつかむ/ジャンプできるようにします。
  • コアラはレッドランドのいたるところで発見されているので、運転中は速度を落として注意してください。スピードはコアラと人々の最大の殺人者の一つです
  • フェンスが野生生物にやさしいことを確認してください  。コアラがお住まいの地域を移動できるように、10cmのポールをフェンスに対して斜めに置くだけで簡単にできます。 
  • コアラアクショングループにボランティアで参加するか、ボランティアプログラムやパートナーシッププログラムに参加してコアラを支援してください。 
  • 地元の森林保護グループまたは環境パートナーシッププログラムに参加して、生息地の維持と再植林を支援してください。

病気や負傷したコアラの特徴を住民にも理解してもらう

毎年多くのコアラ結膜炎や膀胱炎などの病気、または犬や乗り物の負傷で発見されています。病気または負傷したコアラの症状を挙げて、そのようなコアラを見たら通報するようにとの事です。

  • 目が炎症を起こし、赤く、ふくらんでいて、無愛想で、泣いている
  • 底が非常に汚れているか、濡れている
  • 切り傷や血などの怪我の兆候
  • とても細い
  • 登ったり歩いたりするときに4本のすべての手足を使用しない
  • 数日以上木にとどまる
  • 木の根元に座っています。

レッドランドの在来種の動植物と共生できる素敵な街!

住民向けにこんな植物を使ったらこんな庭もできますよ、というサンプルです。日本では、そこそこ大きい庭がある家というのはあまり馴染みはありませんが、オーストラリアの住民がオーストラリアの在来植物を庭に植えるということは、少しでも野生動物の生息地が増えるということです。鳥が集まる植物を使ったバードガーデン、バタフライガーデン、ユーカリガーデン、野生のハーブガーデン…人も他の生き物も快適に過ごせるよう、在来植物ばかりを使った庭を提案していました。また、日によって「増えやすい外来植物をゴミ袋に1杯持ってきてくれたら、在来植物の苗と交換」などの日もあるようです!(在来植物の苗は常時販売しているそうです)

イラストでわかりやすく書かれたパンフレット

自宅の庭でコアラと共存するため、イラストでわかりやすく書かれたパンフレット

庭のレイアウトの例と植物の解説が載っているリーフレット

庭のレイアウトの例と植物の解説が載っているリーフレット

まとめ

  • レッドランド には1700を超える在来種の動植物が生存している、それらは街中に見られ、多くはコアラ 、ワラビー、ハリモグラなどの私たちの都市部に住んでいる。
  • コアラ の取り組みはその一つに過ぎないが、共生を目的としたレッドランド市 の取り組みはすごい。
  • 厳しいエコ規定ではく、自然体で動植物が住民と共存共生を続けているレッドランド市 は素敵な街だった。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


 

 

スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)