スポット情報

大塚国際美術館で芦屋のひまわりゴッホヒマワリ作品7種の楽しみ方

「大塚美術館」の画像検索結果

こんにちは! マールです。

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館 は2018年3月に開館20周年を迎え、陶板で原寸大に再現したゴッホの7枚の花瓶入り『ヒマワリ』を一つの部屋で展示する新展示室「#7つのヒマワリ」をオープンしています。ここでしか見られない展示で存分にゴッホの『ヒマワリ』が堪能できるそうです。調べてみました。


大塚国際美術館ってどんな美術館?

関西地方から四国へ入る場合の玄関口である徳島県鳴門市に大塚国際美術館は位置しています。神戸からだと車で1時間30分程、大阪(梅田・難波)からでも2時間程でアクセス可能な場所です。

大塚国際美術館の美術作品の特徴は?

こちらで展示されているのは、全て陶板名画です。陶板(とうばん)というのは板状の陶器のことで、その板に原画の大きさ・色彩などを忠実に再現したものを陶板名画と呼ばれます。
レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』も修復前と修復後の2つが向かい合うように展示されています。こんな展示を見られるのは大塚国際美術館しかありません。

#7つのヒマワリ 」もそんな陶板名画ならではの、他の場所では決して見られない展示となっています。

世界初!ゴッホの描いた7枚の『ヒマワリ』が集結

世界初の試み!ゴッホの描いた7枚の『ヒマワリ』が集結提供元:大塚国際美術

「#7つのヒマワリ」は、ゴッホが描いた花瓶に入ったヒマワリ全7点を一箇所に集結させた展示です。陶板で原寸大の『ヒマワリ』7枚が並ぶ様子は圧巻の一言。こんな光景が見られるのは世界中を探してもここだけ。また今後見られることもないでしょう。
なぜなら、この7枚の原画は世界各地に散らばり、1枚は個人蔵で行方がわかりません。さらに1枚はすでに焼失してしまっています。
この美術館でしか見れない陶板絵画。十分見に行く価値が充分にあると思いますよ。

展示室は素敵な香りの演出が楽しめます。

世界初の試み!ゴッホの描いた7枚の『ヒマワリ』が集結

展示室に入る手前の空間には二つのアロマディフィーザーが設置されています。一つは南フランスのイメージからラベンダーを主とした香りで、もう一つは四国の柚子や伊予柑などの柑橘を使ったものです。ゴッホが『ヒマワリ』を描いたアルルの香りとゴッホが憧れた日本の香り、その二つをイメージする香りが混じりあい、ゴッホの作品「#7つのヒマワリ」をイメージできる演出となっています。

焼失した幻の『芦屋のヒマワリ』の再現展示

7枚の内の1枚は幻の『ヒマワリ』
大塚国際美術館にとっても特別な一枚だそうです。
元々は兵庫県の芦屋にあったものなのですが、第二次世界大戦の際に戦禍によって焼失してしまった、幻の『芦屋のヒマワリ 』と呼ばれるものです。
原画はすでにこの世に残っていませんが、当時の画集を元に2014年に陶板名画として再現したのです。もちろんここでしか見られないものです。
7枚の内の1枚は幻の『ヒマワリ』
ただ単に写真を陶板にコピーしただけではなく、まるで描いた直後のように、筆の跡まで再現されています。すごいですよね。

ゴッホをテーマにした「カフェ・フィンセント」もオープン。

カフェやショップもチェック

#7つのヒマワリ」と同時にオープンした「Cafe Vincent(カフェ・フィンセント)」も見どころいっぱいです。カフェの片隅にはゴッホ作品の一つである『アルルのゴッホの部屋』をそのまま立体再現したスペースが。

中に入って写真撮影ができるのでぜひ入ってみてください。細部まで絵に忠実に再現されています。壁に飾られている絵と比べてみてください。

カフェやショップもチェック「ヒマワリサラダと季節野菜のスープ(パン付)」1200円
ヒマワリをイメージしたサラダメニュー。パプリカなどの野菜をメインとしてローストチキンなども入っていてボリューム満点です。

ミュージアムショップで「7つのヒマワリ」関連商品ゲット!

カフェやショップもチェックここでしか買えないヒマワリ型の和三盆やクランチチョコレートなどのお菓子も購入できます。

ここでしか見られない展示で存分にゴッホの『ヒマワリ』を堪能してみてくださいね。

大塚国際美術館の基本情報

住所:徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園内
電話番号:088-687-3737
入館料:一般3,240円/大学生2,160円/小中高生540円(いずれも消費税等込)

開館時間:9:30~17:00(入館券の販売は16:00まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)1月は連続休館あり、その他特別休館あり、8月無休

アクセス情報詳細はこちら

全国からのツアー情報はこちら

※2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
※記事内の写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです。


まとめ

  • 大塚国際美術館 では2018年3月に開館20周年を迎え、陶板で原寸大に再現したゴッホの7枚の『ヒマワリ』を一つの部屋で展示する新展示室「#7つのヒマワリ」をオープン
  • 展示室は、南フランスと日本をイメージする香りの演出が楽しめる。
  • 焼失した幻の『芦屋のヒマワリ』の再現展示
  • カフェや、ミュージアムショップでもヒマワリにまつわるメニューやお菓子が販売されている。

以上最後までお読みいただきましてありがとうございました。


 

スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)