スポット情報

バスキア123億の絵がみたい!楽しめる美術館・映画・本を調査

ZOZO前社長・前澤友作さんが、その絵をおよそ123億円で落札したことで大きな話題を集めた天才画家ジャン=ミシェル・バスキアという画家をご存じでしょうか?
27歳という短命で亡くなった彼の作品が今見直され、再びブームが起こっています。
バスキアという天才画家のおいたちと、日本国内で見れる美術館について調べてみました。


バスキアの生い立ちについて

名前 Jean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア
国籍 アメリカ
生誕 1960年12月22日
死没 1988年8月12日(27歳)

作家活動としてはわずか10年ほど。短命の生涯でした。
天才画家と呼ばれるバスキアは複雑な家庭環境で育った少年でした。
しかし、芸術好きの母・マチルダの影響で小さいころから美術館を訪れ、芸術に触れて育っていきました。また、スポーツと語学の能力も抜群に高く、11歳になる頃までにはフランス語、スペイン語、英語などを話していたそうです。
その天才ぶりのエピソードが伝えられています。

7歳のころに交通事故で大怪我を負ったバスキアは、入院中に母から渡された「グレイの解剖学」を読み、人類はみんな、同じ構造であることを学びました。
「グレイの解剖学」はバスキアの芸術鑑に大きな影響をあたえ、作品では解剖学的な作品も多数、存在しています。

両親の離婚で父親に引き取られたバスキアは家出をしていまいます。
ニューヨークを中心にホームレス生活。警察に保護された時、父親から勘当され再びホームレスに。友人たちと手作りで作ったシャツやポストカードの販売で生計を立てていたそうです。

芸術活動以外にも、ヒップホップアーティストのラメルジーとシングルレコードを発表しまし、限定500枚という希少性で高値で取引されているそうです。

「キャンベルのスープ缶」「shot marilyns」などで有名なポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルと仕事で関わる事となり、彼の芸術作品の幅が更に広がっていきます。ウォーホールとのコラボ作品で瞬く有名になっていきます。

しかし、ヒット作品を生み続ける苦しみがあったのか、後年のバスキアは孤独感による薬物依存となり、ウォーホルが亡くなるとさらに拍車をかけます。
その翌年となる1988年、バスキアは薬物中毒で27歳で亡くなってしまいます。
天才ならではの、バスキアそのものの感性で荒々しタッチの作品や記号や象徴性を用いた作品等が再び評価されているそうです。

バスキア作品が最も見れると言われる日本

実は日本は、世界のなかでもバスキア作品の所蔵数が多い国なんです。「バスキアを観たい」と思えば、日本に来れば数多くの作品が観られるといわれている理由は、バスキアの死後90年代、2000年代初頭まで、アメリカでは大ブームでした。27歳の若さで人生のピリオドを打ったという神秘性はあるものの、日本では、注目されるアーティストではなかったので安値で彼の作品を買いとる事ができた時代でした。
「数ある他のアーティストと合わせて、そのついでに…」と日本の美術館特に地方や個人資本の美術館等マイナーな美術館が購入したらしいです。
これが今日、日本が「バスキア大国」と呼ばれるようになった理由だそうです。実は、生前のバスキアは親日家と呼ばれています。バスキアの作品のなかには「YEN」と書かれたり、日本語の一部を描かれた作品があります。
しかし、そこには、ホームレスだったバスキアの絵に、価値もわからず大枚をはたく日本人に対して皮肉の意味が込められているという噂もあります。


日本国内でバスキア作品がみれるところ

期間限定ではありますが、バスキア作品の集大成が観れる期間限定の展示会が開催されています。


バスキア展 メイド・イン・ジャパン

会期:2019年9月21日〜11月17日
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
開館時間:10:00~20:00(9月25日、26日、10月21日は〜17:00)※入館は閉館の30分前まで
電話番号:03-5777-8600
休館日:9月24日
料金:一般 2100円 / 大学・高校生 1600円 / 中学・小学生 1100円
★最新情報はこちらをご確認ください。バスキア展公式サイト

【東京】世田谷美術館 作品名「See」

住所 〒157-0075 世田谷区砧公園1-2 
営業時間 午前10時-午後6時
展覧会入場は閉館30分前まで
TEL 03-3415-6011
(展示されていない可能性がありますので事前確認してください。)
休館日 月曜日(祝休日の時はその翌平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
ただし、展示替の期間中は、企画展・ミュージアム コレクション展示室の両方を閉める場合があります。
入場料 (個人)
一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円
(団体)
一般 800円/65歳以上 600円/大高生 600円/中小生 300円
※団体は20名以上
※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料●リピーター割引 会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
※他の割引との併用はできません。
公式サイト https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

【香川県】ベネッセハウスミュージアム 作品名「グア・グア」

住所 〒761-3110 香川県香川郡直島町琴弾地
アクセス http://benesse-artsite.jp/access/
営業時間
8:00〜21:00(最終入館20:00)
TEL 087-892-3223
休館日 年中無休
開館カレンダー
入場料 1,050円
※15歳以下の方とベネッセハウスにご宿泊のお客様は無
公式サイト http://benesse-artsite.jp/art/

【高知県】高知県立美術館

住所 〒781-8123 高知県高知市高須353-2
アクセス https://moak.jp/guide/#access
営業時間
午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
TEL 088-866-8000 
休館日 年末年始以外は年中無休です(臨時休館することがあります)
12月27日~1月1日は休館します。
入場料 ■常設展
一般:360円(280円)
大学生:250円(200円)
高校生以下無料。
■企画展 企画展ごとに異なります。高校生以下無料。
■年間観覧券
年会費:2,580円 有効期限:お申込日から1年間
※高知県美術展覧会は対象外。高知県立美術館主催の映画上映会に当日でも前売料金でご入場いただけます。美術館1階総合案内にてお申込ください
公式サイト https://moak.jp/

【福岡県】福岡市美術館 作品名「無題」

住所 〒810-0051 福岡市中央区大濠公園 1-6
アクセス https://www.fukuoka-art-museum.jp/guide/access/
営業時間
午前9時30分〜午後5時30分
7月〜10月の金・土曜日は午前9時30分〜午後8時
入館は閉館の30分前まで。
TEL 092-714-6051
休館日

月曜日/年末年始休館期間は12月28日~1月4日

入場料 一般 200円 (150円)
高大生 150円 (100円)
中学生以下 無料
公式サイト http://benesse-artsite.jp/art/

【福岡県】北九州市立美術館 作品名「消防士」

住所 北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号
アクセス http://kmma.jp/honkan/access/
営業時間
午前9時30分から午後5時30分、ただし入館は午後5時まで
TEL 093-882-7777
休館日

月曜日・年末年始、ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日が休館日となります。
企画展により、会期中は無休とすることもあります。(企画展の告知でご確認ください)

入場料 一般 300円(240円)
高・大生 200円(160円)
小・中生 100円(80円)
公式サイト http://kmma.jp/honkan/

ジャン=ミシェル・バスキア関連映画書籍情報

バスキアの、神秘的な人生を描く映画や書籍がありましたので紹介します。

『バスキア』(1997)

バスキアの生涯を、彼の友人だったジュリアン・シュナーベル監督が映画化。類稀な才能で一躍有名になったバスキアの栄光と孤独を描かれています。

『バスキアのすべて』(2010)

本人の貴重なインタビュー映像をもとに綴られる初のバスキア・ドキュメンタリー映画です

バスキア「書籍」

ストリート・アーティストから時代の寵児となりながら、27歳で夭折した無垢の魂が描きつづけた作品集です。

ジャン=ミシェル・バスキアの作品の紹介

123億で落札された 無題

前澤友作 バスキア

出典:FASHIONSNAP.COM

日本の経営者である前澤友作がサザビーズのオークションでアメリカ人アーティスとして
最高落札額である約123億円で落札したことで、有名になった「無題」は、黒の太い線で大部分を描かれたドクロが印象的な一枚です。

現在は、前澤社長の意向により世界中の美術館に貸し出しが行われています。

SEE

SEE

出典:世田谷美術館

「SEE」と名付けられたこの作品では、不気味な表情で、何かを見つめる人が特徴的です。東京の世田谷美術館が所蔵しており、日本でバスキアを鑑賞できる数少ない美術館の一つとして有名です。

まとめ

バスキアという天才画家は、短い人生ではあったものの、天命と尽くした人生であったかもしれません。そして彼の勢いのあった人生に共感した、バブル時代の日本。そして今バブルな経営者が作品を高額で購入する。不思議な因果がありますね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)