スポット情報

いのししのくにはどこにある?アトラクションの楽しみ方に調べてみました。

いのししのくにってご存知ですか?

いのししファミリーの子育ての様子を自然なかたちで見る事ができまるそうです。とても気になりましたので調べてみました。


いのししのくにはどこにある?

いのししのくには、東筑波ユートピアという自然の中のふれあい動物園として45年以上続く小さい動物園です。
天才!志村どうぶつ園で有名になりなんと全国2位、茨木県内1位の人気の高い動物園です。

higashitsukubautopia

アクセス・開園時間・入場料 

  • アクセス
    〒315-0156 茨城県石岡市吉生2730-3
    常磐自動車道 土浦北IC筑波出口より『朝日トンネル』通過で25分
    JR常磐線 石岡駅下車 バスで柿岡車庫バス停30分
  • 入場料(動物園⁺ネコカフェ⁺おサルのショーを含む)
    中学生以上1200円、3歳以上 720円
    東筑波ユートピアのサイトより購入するとお得です。
    大人1000円 小学生以下500円 3歳未満 無料
    東筑波ユートピアクーポン
  • 開園時間
    9:00~17:00(入園受付16:30 冬季は16:00まで)

 

東筑波ユートピアのあゆみ

  • 1975年、開園。
  • 1986年~91年は1日最高4000人の来園者数を記録するが、バブル崩壊後、徐々に客足は遠のき、2017年には6日連続来園者数0(ゼロ)の日を記録するなど、経営状況は悪化。
  • しかし、飼育スタッフの動物に対する深い愛情と週末にはボランティアスタッフによる運営。近隣の野菜工場からエサとなる余った食材を提供されるなど、皆さんの手助けと手作り感漂うとてもアットホームな動物園として成長されていきます。
  • しかし経営を維持するには集客アップを図らなければならず。目玉となる施設づくりを計画。以前より土地の特性を生かしたユニークなイノシシ飼育をメインとした新しい施設を再建する事となりました。それがいのししのくになのです。再建に必要は資金をクラウドファンディングで募り、無事目標に達成しました。
  • 2019年7月20日 いのししのくにがオープンしました。




東筑波ユートピアのアトラクションについて

東筑波ユートピアを楽しむうえで重要な事。それは靴。東筑波ユートピアは、山の中腹あたり、園内は急な坂道もあります。歩きやすいスニーカーがおすすめです。

東筑波ユートピア』は、ペットも入園もOKです。

ただし、おさるさんのショーはお猿のショーは2階席でしか見ることができないらしいです。
必ず公式ツイッターや電話などで直接『東筑波ユートピア』に確認をとってください。
ペットを連れて行かなくても動物園にいる犬と園内をお散歩ができるサービスがあるそうです。しかも無料!!手作り感のあるアットホームな動物園らしい温かいサービスですね。

東筑波ユートピア』では、お猿さんのショーが見れます。

とてもかわいいお猿さんたちのショーをお楽しみください。
higashitsukubamonkyshow

東筑波ユートピア』では捨てられてしまった親のいない猫達がいる猫カフェもあります

猫カフェでは残念ながらご飯は食べられません。
ただし。猫カフェは一ほっと一息つける空間だそうです。
畳やイス、ソファが置いてありますから、そこでくつろぎながら猫ちゃんたちに遊んでいただきましょう。

higashitsukubamonkycatpier

いのししの国はどんないのししが見れるのでしょう?

東筑波ユートピアのスタッフのツイッターより動画がアップされていました。
ほのぼのとしたいのししの親子の様子をごらんください。


まとめ

経営悪化の頃、延長とスタッフ1名だけて100匹もの動物たちのお世話をなさったスタッフは体調を崩され昨年の8月末に退職されました。また、豚コレラを乗り越えようやく、いのししのくにをオープンされる事となりました。様々な困難を乗り越えてこられたこの東筑波ユートピア動物園、これからも応援していきたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)