エンタメ

群馬長寿館(ちょうじゅかん)は魅力の混浴温泉。みなかみ町一軒宿とは?

こんにちは! マールです。

帰れマンデー見っけ隊!!に登場!
豊かな自然を満喫できる温泉が数多くある群馬県みなかみ町の特集でした。その中で採り上げられたのは法師温泉「長寿館」という山奥の一軒宿です。
“空気に触れない奇跡の源泉”有名な混浴があるそう。どんな温泉なのか調べてみました。


法師温泉「長寿館」ってどんな宿?

法師温泉「長寿館」(群馬県みなかみ町)は、名実ともに日本を代表する秘湯。特に混浴の「法師乃湯」が有名でだそうで、その足元から湧出す温泉は“究極の温泉”とさえ言われているそうです。また、宿全体が登録有形文化財に指定され、風情のある建築物としての魅力、地産地消の会席料理にも定評があるそうです。

文豪も愛した全館木造のレトロな宿

与謝野晶子や川端康成など、多くの文豪にも愛された歴史ある秘湯です。全館木造で、豊かな自然にとてもマッチしています。

かつての文豪が泊まった部屋に宿泊する事ができます。

与謝野晶子逗留の間。
本館でもかなり広いお部屋です。
外にはゆったりとした広縁がついているそうです。

法師温泉「長寿館」レトロな旅館施設。日本昔話の世界を楽しめる。

これは、玄関の写真です。
明治の歌人たちの書額や神棚などがある昔ながらの施設です。
上の写真中央の巨大な切り株は欅くりぬき火鉢といわれる火鉢で、直径2mほどあるそうです。樹齢1300年の欅の木でできています。

心ときめくレトロな情景!

玄関のすぐ左手には囲炉裏があります。一年中薪のパチパチとなる音、しゅんしゅんと湧く茶釜の湯、鉄瓶のカタカタといった音。まさに日本昔話の世界です。
こちらでは、鉄瓶で沸かしたお茶を楽しむ事ができるそうです。

法師温泉「長寿館」は三か所の浴室。メインは混浴の「法師乃湯」

大浴場は明治28年に建てられた鹿鳴館風の建物。洋館のようなデザインが特徴的ですね。弘法大師の発見と伝えられる源泉は、浴槽の直下にあり、50年〜60年前に降った雨雪が時を経て適温に暖められ自然に湧出し、浴槽から溢れて法師川に流れてゆくそうで、浴槽内のお湯は約2時間ごとに入れ替わってゆく生まれたての源泉なのです。

綺麗に透き通った清澄なお湯で、湯船の底に敷かれた砂利の間から源泉が湧出。脱衣場の下から湧き出す源泉も湯船に引かれ、浴槽内で38~41度程の適温やや温めに調整されているそうです。泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。肌にハリと潤いを与えるアンチエイジングの美人湯。また血行促進効果もあるとされ、浴後は温まり感が長時間持続するそうです。ぬるく感じる温度設定なので長時間ゆっくりとつかる事ができそうですね。

混浴で、タオルを巻いた状態での入浴は不可だそうです。
女性専用時間帯午後8時から午後10時の間に入浴をお楽しみください。

足元から湧出る温泉「長寿乃湯」

川面の近い場所にひっそりとたたずむ長寿乃湯。
「長寿乃湯」は法師乃湯とよく似た泉質ですが、浴槽内で41~42度と温度はやや高め。しばらく浸かると猛烈に体が温まります。熱めの温泉が好きな方におすすめです。


こちらも湯船の底から温泉がプクプクと湧出。

以前は女性専用風呂でしたが、現在は男性専用時間が設けられ、男性も入浴できる様になりました。

露天風呂付の「玉城乃湯」

山々に囲まれ、四季折々の情緒を感じさせる造りです。内湯と併設されているので、交互に入浴を楽しめます。

足元湧出の「長寿乃湯」、露天風呂付の「玉城乃湯」

法師温泉「長寿館」は三か所の浴室の入浴時間割

三か所の温泉は男女別に入浴時間が設定されているようです。

 

地産地消の魅力的な料理

地産地消にこだわったヘルシーな会席料理

上州牛・上州麦豚・赤城鶏と群馬県産のこだわりの食材

季節によりメニューを変えて提供しております。野菜も内産・又は県内産の食材を中心に安心・安全にこだわったメニューだそうです。

米へのこだわり

宿のオーナーが先祖代々新潟県南魚沼市(旧南魚沼郡塩沢町)の出身でなので、朝食・昼食・夕食全てに、法師温泉契約農家で収穫された、新潟県魚沼産のコシヒカリ100%を使用されているそうです。

水のこだわり

館内の水は三国山系の大自然に育まれた法師川の最上流から取水している自家水源の清水を使用しております。トリチウム分析によると、降った雨が大自然のミネラルを湛え、約5年歳月を経て再び清水として姿を現します。


法師温泉「長寿館」の基本情報とアクセス

住所〒379-1401群馬県利根郡みなかみ町永井650

電話番号 0278-66-0005(代) FAX 0278-66-0003

電車でのアクセス


上越新幹線 上毛高原駅より猿ヶ京乗り換え法師温泉行きバスで50分
法師温泉への町営バスの運行時間は午前2便・午後2便のみのです。

●みなかみ町営バス(法師線) 0278-64-0111 みなかみ町のページへリンクします

お得バスチケット情報

他の時間時猿ヶ京まで来られた方は猿ヶ京からタクシーをご利用いただくか、乗り継ぎに合わせてお越しください。

車でのアクセス

関越自動車道 月夜野ICより25km(約40分)

立ち寄り入浴情報

  • お風呂は、法師乃湯(混浴)、長寿乃湯(ご婦人風呂)の御利用になります。
  • 年末年始は立寄り入浴・昼食休憩はお受けしておりません。
  • 基本的には水曜日定休となります。
  • 休館日、お風呂の大掃除の日、その他立寄りのご利用が 出来ない日が多くありますのでお電話にて必ずご確認ください。
  • 受付時間10:30~13:30(利用は14:00まで)
  • (注意)混雑状況により時間内でも受付が終了することがありますのでご了承くださいませ。人数制限あり特に日曜日、連休等は午前中で終了ということもございます。

 50台 無料 先着順

最新の情報は法師温泉「長寿館」公式サイトなどでご確認ください。

まとめ

東京から約1時間で、足元から湧出す“究極の温泉”とさえ言われているそうです。また、宿全体が登録有形文化財に指定され、風情のある建築物・地産地消のお食事を楽しめる山奥の一軒宿がありました。
人気の宿だそうなので、お早めに予約ください。

以上最後までお読みいただきましてありがとうございました。


スポンサードリンク
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)